Babyccino

女性が転職を考えるようになっていいと思うきっかけ4選

転職のタイミングって難しいですよね。 そもそも、みんながどんなことで転職を考えるようになるんだろうって気になりますよね。 今回は女性が転職を考えるようになっていいと思うきっかけをご紹介します。

職場の人間関係が悪い

パワハラやセクハラを受けているんであれば転職云々を考える前にやめることを考えましょう。そうでなくても、考え方が合わない、みんなと仕事をしていてもおもしろみを感じないという気持ちがあるのであれば転職を意識してみるのもいいかもしれませんね。 仕事は同僚や上司との相性が大切です。波長が合う人もいれば、合わない人もいます。もちろん、合う人ばかりの職場もなぁなぁになってダメですが、波長が合わない人が多い職場であれば転職も頭の片隅においておいてもいいかもしれませんね。

自分の生活環境が変わった

女性にとって結婚やお子さんの出産は仕事の転機です。実際に多くの方がこのタイミングで転職をされています。「結婚したときに続けられる仕事かな?」「子どもを出産した後も続けられる仕事かな?」は早い段階で意識しておくことが大切です。そして、いざそのときがきたときに、そのままその会社に勤め続けるのか、転職するのかを決められるようにしておきましょう。そう考えておけばあわてて引き継ぎなんて心配もなくなりますよ。

給与や待遇に不満がある

仕事に対する責任感も大切ですが、やっぱりお金も大切です。 好きな服は買えてますか? 週に1回ぐらいは外食できてますか? たまに奮発してちょっと高いものを買えてますか? 仕事、仕事、仕事でプライベートな時間がなくても、貯金ができ、自分のためにお金が使えているのであれば問題ありません。 ただ、貯金も出来ず、自分のためにお金が使えないならば、もっと給与や福利厚生がしっかりしている会社への転職も視野に入れましょう。仕事もプライベートも充実させてこその人生ですからね。

やりたい仕事ができない

やりたい仕事をするって世間からみるとわがままに聞こえるかもしれません。でも、いいじゃないですか。一度だけの人生ですもの。実際に子供の頃からの夢だった保育士や看護師になる夢を叶えている方もいらっしゃいます。ただ、思いだけでは仕事はできませんので、「実際に夢を叶えるためにはどうしたらいいのか」ということをしっかりと調べてからにしましょう。 「本当にやりたい仕事ができているのかなぁ」と思ったら、昔のことを思い出してみることをオススメします。